WiMAX 口座振替審査 WiMAX口座振替の達人

WiMAX口座振替審査はブラックリスト入りしてても通るって本当?

更新日:

WiMAX口座振替審査はブラックリスト入りしてても大丈夫

ここでは少し踏み込んで「ブラックリスト入りとかがあると、口座振替審査で確実に弾かれるのか?」「弾かれたらどうするのか?」ということに関して触れていきます。

特に「ブラックリスト入りしてるし、100パーアウトだろ!」と思っている方はぜひご覧ください。

ちなみに、本サイトのWiMAX口座振替情報は常に最新です!

なんたってインターネット通信業者で働いていた経験がある本人が更新しています。

正直、ネット上には「おいおい、ずいぶん前の情報だな…」って感じのサイトが少なくないので気を付けましょう。

ブラックリストだからWiMAXの口座振替審査なんか通るわけないだろうが!と考えている人は、まずは本記事で基本的な情報を抑えるところから初めてください。

WiMAXの口座振替審査ではどこを見られるの?

WiMAX口座振替審査で見られるポイント

そもそもクレジットカードがないと契約できないんでしょうか?

ブラックリスト入りの口座振替審査について話す前に、まずはWiMAXの基本的中の基本からみていきましょう。

WiMAXの口座振替契約に対応しているプロバイダ

実はWiMAXサービスを提供する会社のうち、口座振替で契約できる(つまりクレジットカードがなくてもOK)プロバイダは以下のとおりです。

口座振替に対応したWiMAXプロバイダは3つあります。

  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX

上記のうち一番おすすめなWiMAXプロバイダはUQ WiMAXです。

詳しくは下の記事を参考にしてください!

口座振替審査でチェックされるポイント

口座振替審査においてチェックされるのは簡単に言うと、「月々3000~4000円くらいはもらっちゃうけど、ノープロブレム??」ってことです。

これは、3つのプロバイダでほぼ共通していることです。

だって、月々3000~4000円払えば問題なくWiMAXが使えるわけなんです。

業者側としては、そこさえクリアしてくれれば「オッケー!キミにWiMAX使わせちゃう!」って判断してくれるんです。

で、ぶっちゃけ「月々3000~4000円くらい払えるに決まってるだろがい!と感じている人も少なくないと思います。

しかしながら、WiMAXのプロバイダさんも商売でやってるので、口座振替審査は避けては通れないってわけです。

でもお金を払えるか払えないか判断するのってやっぱり信用情報も関係あるんじゃないのかと疑問を持つ方もいると思います。

やっぱりブラックリスト入りしてると口座振替審査に通るのは厳しいんでしょうか?

結論を言えば、実はブラックリストでもクレジットカードの審査より何倍も落ちない可能性の方が高いんです。

まずはどんな人が審査に落ちてしまうのか詳しくみていきます。

WiMAX口座振替審査で弾かれるのはブラックリストだからではない!

ブラックリスト入りだからWiMAXの審査に落ちるわけではない

簡単に言えば、「あ、この人、月々3000~4000円をちゃんと出してくれないんじゃ……」と判断されてしまえば、WiMAXの口座振替審査で弾かれます。

それをどこで見抜くのかというと、実は信用情報ではないんです。

口座振替審査に影響する3つのポイント

審査の際に見られるポイントは3つあります。

  • 本人の口座ではない
  • スマートフォンの料金支払い期日を守らなかったことがたくさんある
  • スマートフォンの料金が溜まっている

本人の口座ではないというのはまず論外だとして、こういう「やばい履歴がないかどうか」という部分で判断します。

今ドキッとした人は、WiMAXの口座振替審査で弾かれやすい人かもしれません…。

スマートフォンの料金って5000円~10000円くらいだと思いますが、それもちゃんと支払えていないようじゃ「まあ私らWiMAXは3000~4000円っすけどね。でも心配っすわ」とみなされてしまうってわけですね。

でもなんでスマートフォンの料金で判断するの?

その理由は簡単で、WiMAXの中でもトップなのがUQ WiMAXで、その母体がauだからです。

で、スマートフォンの契約者の記録はもちろん握っているので、「スマートフォンの料金を払わないヤツぁ許さん!」ってなるわけです。

で、auが「この客、ちゃんと料金支払わないなあ…」と判断されると、他のSoftbankやらDoCoMoやらとも、その情報が共有されるようになります。

言ってみれば「ブラックリスト入りする」ってことですね。

ですから、「スマートフォンの料金を払うの遅れ気味だけど、auじゃないし大丈夫だろ」というのは通用しません。

私が通信業界でバリバリ活躍していた(していたんですって、マジで)ときも、「通信業者バージョンのブラックリスト入り」の話題は何度も出てきていましたからね。

ブラックリストと口座振替審査に関するQ&A

ブラックリストと口座振替契約

んじゃ、WiMAXの口座振替審査についてのよくある2つ質問に答えていきましょう。

Q:クレジットカードの審査で落ちたんだけどWiMAXの口座振替審査もやっぱダメ?

とある女性の例を紹介。

この人が正直メッチャやばい。

来る日も来る日もギャンブル三昧で、「どこに、いくら借りてるのか自分でも正確に判断してませ~ん」というレベルだったのだとか。

キャッシングのために何枚もカードを作成していたけれど、ついにどの業者の審査でも落ちるようになって、カードを作成できなくなったみたいです。

多分ブラックリスト入りですね。

一人暮らしのインターネット料金を抑えたいという事でWiMAXの契約を考え始めたそう。

一人暮らしにのインターネットは安い!

しかし、やっぱりクレジットカードは全部止まってますから、口座振替で支払っていくしかなくなったようです。

まとめると「多重債務者になった→キャッシングしまくりだったけれどカードが作れなくなった→インターネットの通信料金を抑えるためにWiMAXに契約したい→クレジットカードが止まってるから、WiMAXは口座振替で使うしかないねえ」ってことですね。

この女性はWiMAXの口座振替審査で弾かれるのか?

このブラックリスト入りの女性は、WiMAXの口座振替審査で弾かれてしまうのでしょうか?

最初に言ってしまいますと「普通の人よりはもちろん厳しいけれど、そんなに悲観するほどのことではないような感じかな」ってレベルです。

なんだか曖昧で申し訳ないですね…。

でも、インターネット通信業者にいた私でも審査基準を把握できる機会がなかったので、こう言うしかありません。

ただ、クレジットカードでのブラックリスト入りうんぬんが、そこまで重要になってくるとは思えません。

だって、とにかく「月々3000~4000円を出してくれるか」という部分しか、口座振替審査ではほぼ見ないので。

クレジットカードで使うような金額とはワケが違うじゃないですか。

それに、そもそも「WiMAXの口座振替審査機関」と「クレジットカードの審査機関」は無関係です(証拠があるわけではないですけど、私としては99%そうだと言えます)。

ですから、クレジットカードうんぬんはほとんど関係してこないんじゃないかと感じています。

ってわけで、月3000~4000円がどうのこうののWiMAXの口座振替審査は、大金をバンバン使えてしまうクレジットカードの審査と比較すれば、ビックリするくらい審査がヌルいと言ってしまえるんです。

ただし、クレジットカード情報を見るプロバイダも一部存在しているという噂があるので、完全には油断しない方が良いと思います。(というかそもそもブラックリスト入りなんかしたら大変ですよね…)

Q:ブラックリスト入りでも口座振替審査に通りやすいプロバイダは?

ブラックリスト入りでも通るWiMAXプロバイダは?

上記でも話したように、WiMAXを口座振替で契約できるプロバイダは3つあります。

そのなかでもっともおすすめできないプロバイダはBroad WiMAXです。

公式料金を比べると一番安くなっていますが、実際には全然安くなかったりします。

しかもBroad WiMAXだけお得なキャンペーンを提供してないんです。

詳しくはこちらの記事を!

そしたらどのプロバイダがおすすめなんでしょうか?

UQ WiMAXの口座振替審査を受けてみよう

UQ WiMAXの口座振替審査を受けてみよう

実は今あるすべてのWiMAXプロバイダは、例外なくUQ WiMAXに回線を借りています。

ですから「WiMAX本家」なんて言われることもあるんですよね、UQ WiMAXって。

「WiMAX本家様なんだし、口座振替審査もキツいんじゃないの?」と感じるかもしれませんが、別に大丈夫です。

さっき例に出したクレジットカード停止&(多分)ブラックリスト入りの男性も、UQ WiMAXの口座振替審査をパスしたくらいですからね。

とにかくクレジットカードの審査に比べれば、審査なんて「まあお決まりのものだから…」レベルのものでしかないので、普通に生活していれば落ちることはまずありません。

お得なキャンペーン!

このサイトの限定リンクからアクセスしないとキャンペーン対象から外れる場合があるようです。ぜひ、↓の限定リンクからキャンペーンを受け取ってくださいね。

UQ WiMAX【WiMAX2+】の口座振替申し込みページ

口座振替なら、BIGLOBE WiMAX 2+

時期によってはBIGLOBE WiMAXもあり?

以前は「WiMAXの口座振替審査がヌルいところ」ならBIGLOBE WiMAX一択!と言ってもいいくらいだったんですが、今はもう「口座振替に不向きなプロバイダ」になりつつあります。

BIGLOBE WiMAXはどう考えても「できればみんな口座振替契約はしないでね」と思っているはずです。

ですから、口座振替審査も非常にキツいに違いありません。

その証拠としてキャッシュバックのキャンペーン内容が口座振替の時だけ金額が少なかったりするんです。

時期によってはBIGLOBE WiMAXの口座振替キャンペーン内容がお得な場合もあるので、プロバイダを選ぶ前にチェックするのもありです。

詳しくはこちらの記事を!

ブラックリスト入りでもWiMAXの口座振替審査をパスするための対処法

ブラックリスト入り版!WiMAX口座振替審査の対処法

ブラックリスト入りでもWiMAX口座振替審査にパスするための対処法を3つご紹介します。

  1. 違う口座を使う
  2. 家族に申し込んで貰う
  3. 今がチャンスかも!

1:違う口座を使う

「WiMAXの口座振替審査で弾かれた!」という人のためのやり方です。

一回でも口座振替審査に落ちてしまった銀行口座に関しては、その履歴がいつまでも消えてくれないかもしれません。

そしてもちろん、WiMAXの口座振替審査にその口座でチャレンジしてしまえば、弾かれてしまうかもしれません。

でも、「キレイな口座」を使えば口座振替審査をあっさりクリアできる可能性が非常に高いです。

ちなみに銀行口座の名義自体は同じでも大丈夫なので、ちがう銀行さんの口座を使ってもう一度申し込んでみましょう。

2:他の人に申し込んでもらう

奥様、旦那様、両親など、家族に申し込んでもらえば絶対大丈夫なんですよね。

当然ながら、頼む相手の口座情報などがクリーンじゃないとダメです。

ただし、もちろんちゃんと相手の許可を得てからにしましょうね。

理由を説明すれば後から口座を変えることも可能なので、まずは自分以外の口座で申し込んで後から口座情報を変えるっていうのもありですね。

3:今がチャンスかも!

今、スマートフォン業界でも速度制限なしで大容量通信ができるサービスがどんどん増えてきています。

で、「スマートフォンに負けるな!」と、UQ WiMAXが中心となって宣伝をしまくっている状況なんです(テレビコマーシャルとか)。

要するに、今って「みんなどんどんWiMAXの新規契約をしてね!」ってタイミングなんだと思います。

つまりは、口座振替審査にも通りやすくなっているということ。

多分どのプロバイダに存在している「口座振替審査部署」単位では、少し前までよりも審査基準がヌルくなっているのではないかと個人的に考えています。

今ならお得にUQ WiMAXと契約できるので、下の記事を参考にしてください。

口座振替審査ならUQ WiMAX!超簡単申し込み方法

UQ WiMAXキャッシュバック

口座振替契約はUQ WiMAXと結ぶのが絶対におすすめ!

10,000円のキャッシュバックを受け取って、UQ WiMAXを秒速で簡単申し込みする方法を解説します。

口座振替契約もクレジットカード契約でもWiMAXを利用するならまずは、

  1. WiMAXプロバイダ
  2. 料金プラン
  3. データ端末

を選択する必要があります。

特にブラックリスト入りの方は、上記でも説明したようにプロバイダはUQ WiMAXを強くおすすめします。

WiMAXが提供する2つのプランに関してはギガ放題プランをおすすめしています。

その理由はこちらの記事を!

あとはWiMAXのデータ端末を選択すれば完了です!

WiMAXのデータ端末を決めよう!

WiMAX口座振替ルーターを選択

  • プロバイダUQ WiMAX
  • 料金プランギガ放題

ときたので、あとはWiMAXルーターを選んでフィニッシュです。

様々なWiMAXルーターが存在しますが、おすすめなのは以下の3つ。

  • WX04
  • W05
  • L01sホームルーター

これらのルーターが今WiMAXの最高速度のルーターですから、この3つの中から選びましょう。

W05の速度を見ると最大速度708Mbpsと記載してあって、明らかにW05だけ通信速度が早いのではないかと思われがちですが、実はこれL01sもWX04も通信速度は708Mbps以上出ちゃうんです。

これは仕組み的な問題で、公式ホームページの説明にも記載されていない内容なので誤解されがちです。

実際W05のみ708Mbps以上の通信速度に対応しているて仮定しても、実測値は100Mbps程度で440Mbps以上の通信速度でインターネットを使うことありません。

なので、おすすめは10,000円のキャッシュバックが適用されるWX04です。

自宅専用で使いたいという方は、同じくキャッシュバックキャンペーンの対象であるL01sホームルータもおすすめします。

後は好みのデザインで決めてもいいくらい、性能面ではあまり変わりありません。

「見た目も別に……」という人は、性能はほぼ一緒なので……

う~んそうですねえ、サイコロとかで決めてもいいと思います笑

UQ WiMAXの口座振替審査は早めに挑戦するのがおすすめ!

これもインターネット通信の元業界人としての知識なんですが、WiMAXってもうスゴく人気なんですね。契約人数で言えば2500万人オーバーです。

ですから「もうキャンペーンで客を増やす意味」が薄くなってきているんです。

ってわけで、この先どんどんキャンペーン内容が格下げされていくんじゃないかなあ、と私なんかは思っています。

でもまあ、今のところはまだまだキャンペーンをバリバリやっているので!

特に待つ理由がないなら、早めにUQ WiMAXの口座振替審査を申し込むことをおすすめします!

お得なキャンペーン!

このサイトの限定リンクからアクセスしないとキャンペーン対象から外れる場合があるようです。ぜひ、↓の限定リンクからキャンペーンを受け取ってくださいね。

UQ WiMAX【WiMAX2+】の口座振替申し込みページ

口座振替なら、BIGLOBE WiMAX 2+

おすすめなUQ WiMAX口座振替の簡単申し込みまとめ

口座振替対応のプロバイダ。どこが良い?
UQ WiMAX

料金プランは?
ギガ放題(実質使い放題だし!)

ルーターは?
外出先でも使いたいならW05・WX04のどれかならOK!、自宅でのみ使うのであればL01s

クレジットカード作れない・ブラックリスト入りしているんだけど…
WiMAXの口座振替審査なら通る可能性は十分あります(ヌルいので)

これらを組み合わせて例えば…

ブラックリストでも「UQ WiMAXの口座振替契約」を「ギガ放題」で、ルーターは「WX04」を使って、ネットを楽しむ。

今ならWX04を選ぶとクレードルが無料なので、今のうちに申し込んでクレードルを選んでおいた方がお得です。

WiMAXのブラックリスト入り審査まとめ

いかかでしょうか?

ブラックリストの方でも実際にWiMAXの口座振替審査に通る可能性は非常に高いようです。

この機会にWiMAXに契約して、インターネット料金も節約してみましょう。

口座振替WiMAXプロバイダの人気ランキング

元WiMAX通信関連会社に勤めていた私がオススメするクレジットカードを使わないWiMAXプロバイダ人気ランキング!

今なら各社、お得なキャンペーンを実施中!

No.1 : 口座振替はUQ WiMAX2+

自社のWiMAX回線を使用、WiMAX回線の提供元プロバイダ!

口座振替ができるWiMAXプロバイダの中では一番オススメ!

支払い方法口座振替(Web上で登録可能)、クレジットカード
月額料金:3,696円(Flatツープラスプラン)、実質3,750円(ギガ放題プラン)
auスマートバリュー
auユーザーは最大934円引き
ルーターが届くまで最短3日
この先のページ限定特典!
10,000円のキャッシュバック!

No. 2 : GMOとくとくBB WiMAX2+

WiMAX界、最高額のキャッシュバック!

口座振替には対応してないけど、クレジットカードがなくても契約できる!?

支払い方法クレジットカードのみ
auスマートバリュー
auユーザーは最大934円引き
高額キャッシュバック
この先のページ限定特典!
42,000円のキャッシュバック!

No. 3 : BIGLOBE WiMAX2+

口座振替に消極的になってきて少し不安。。

口座振替に対応している数少ないWiMAXプロバイダ!

 

支払い方法口座振替、クレジットカード
auスマートバリュー
auユーザーは最大934円引き
月額料金値引き
この先のページ限定特典!
10,000円のキャッシュバック!
(クレジットカード契約は場合は、33,000円)

-WiMAX 口座振替審査, WiMAX口座振替の達人

Copyright© 口座振替WiMAX&無線Wi-Fi , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.